基本は固定費の見直しです。

こんにちは C&H 東です。

前回の動画やブログでも何度が紹介しております”固定費の見直し”

ライフプランを作成する上でとても重要なポイントになります。

私ごとですが、先日通帳をいつものように記帳にいくと

毎月何気なく落ちている、ある会員の月会費

金額は月に1300円ほどなので特に気にしていなかったのですが

そこの会社に別件で尋ねるタイミングがありましたので

ついでに会員について聞いてみると特に会員になっているメリットが

感じられずに辞めても大丈夫なんですか?

と聞いてみると はい それは問題ありませんし、またいつでも復活できます。

それなら退会しようという事でその月で退会しました。

月に1300円でも年間にすると15,600円。

5年経つと78,000円になります。

皆様のご家庭でもそのような無駄な固定費払っていませんか?

月々の金額がわずかなので気にしていなかったとか

必要かと思って続けていたが実はそこまで必要ではなかったとか

おそらく探せばいろいろ出てくるのではないでしょうか?

まずはご家庭の削減可能な固定費を見つける事から始めてみてはいかがでしょうか。

固定費の見直しのポイント!

固定費の見直しで、私的になかなか削減が難しいと思われる三大固定費があります。

それは人が生きていくためには欠かせない支出です。

まずは一つ目

食費

次に二つ目

家賃又は住宅ローン

最後三つ目

水道光熱費

です。

ここは削減は不可能ではないですが、あまり過度な節約は日常生活に支障が出てくるかと思われます。

過去メディアで特集されていたスーパー主婦の方は 家賃がもったいないので夫の実家に住む とか

徹底して節電して月々の電気代を抑える とか

スーパーを5か所ぐらいハシゴして特売のみを狙う とか

不可能ではないですし、非常にいい心がけですが 夫婦共働きなどでゆっくり買い物に行く暇がない方や夫の実家に住むなど、みんながみんな実行できるわけではありません。

そこでここからご紹介したいのは、

生きていく上で必要な三大固定費に焦点を当てるのではなく、それ以外の固定費に目を向けてみましょう。

この三大固定費以外は 逆の見方でいくと なくても生きていける いわゆる 贅沢品です。

例えば

普段何気なく払っている 携帯などを含む通信費です。

一気にスマホ・アイフォン等の普及により便利になった反面 一世帯当たりの通信費が上がっている事は間違いないでしょう。

ここにメスを入れれば毎月相当な固定費の節約につながります。

詳しくは次回の動画にて説明していきたいと思います。

次に

保険です。 家計の見直し相談で非常に多いです。

日本は保険加入率がめちゃくちゃ高いのに、ちゃんと内容を理解して加入している方がほとんどいないと言うのが現実です。

しかし、保険はなくてはならない商品だと考えます。

少ない保険料で何千万何億もの保障が得られる非常にすぐれた商品です。

問題なのはいわゆる 掛け過ぎです。 保険は必要保障を必要なだけ準備するのが基本です。

どうしても預貯金や自助努力では金銭的にどうしようもない時に保険で補てんするのがいいかと思います。

ここにもメスを入れれば毎月の支出は大幅に節約できるかと思います。

※貯蓄性の保険は金融資産になるので貯蓄項目に入れましょう!

ただし、これも掛け過ぎは注意が必要です。解約しにくく見直しがしづらいです。

最後におススメが車です。

車は所有しているだけで維持費がかかります。(税金や車検など)

例えば所有している車が2台であれば1台にしてみるというのもかなりの

固定費の節約になります。

また普通車からK自動車にしてみるのもかなり節約効果が大きいです。

税金だけでも年間数万円変わってきます。

しかし、ここは住んでいる場所にもよりますし(公共交通が充実していない場所はどうしても車が必要)

家族の人数によってはどうしても大きな車でないと不便などあります。

また車は各個人の価値観なのでなかなか難しいところでもありますが・・・。

もしも車の見直し可能な方は検討されてみてはどうでしょうか。

いかがだったでしょうか。

また次回詳しい固定費の見直し法を動画にてアップしていこうと思っていますので

乞うご期待を!!

FPブログ
キャッシュレスポイント還元 いよいよ6月まで!!

こんにちは 宮崎 都城にてファイナンシャルプランナーをしております C&Hの東です。 昨年か …

FPブログ
がんばろう都城!事業者支援金が始まりました。

こんにちは 宮崎 都城にてファイナンシャルプランナーをしております C&Hの東です。 新型コ …

FPブログ
長期運用の安定したメンタル操作

こんにちは 宮崎 都城にてファイナンシャルプランナーをしております C&H 東です。 またま …